効果を期待する

花が人に与えるプラスの効果とは

花を選ぶてときには、その日の気分や目的に合わせると、よりよい効果が期待でき、楽しみも増えるでしょう。 「白」は気持ちを落ち着けたいときなどに選びます。「赤」は脳を刺激するので、積極的な気分を盛り上げてくれます。「青」は自律神経のバランスを整えてくれる効果があります。「ピンク」は、女性ホルモンの分泌を促す作用があります。「黄色やオレンジ」などはビタミンカラーとも呼ばれ、自律神経を刺激し、元気な気分や集中力アップが期待できます。 フラワーアレンジメントで使用する花には、香りの強くないものも多いですので、まずは視覚から得る効能を知って、花選びをするのがお勧めです。

フラワーアレンジメントによる脳の認知機能の改善は研究で認められています

また、フラワーアレンジメントは「脳の認知機能の改善」にも効果があります。 フラワーアレンジメントは、オアシスに花材バランスよく挿し、アレンジを完成させるという作業ですが、その作業の前と後の「視覚的ワーキングメモリー」という能力は、フラワーアレンジメントをした後の方が成績が有意に向上するそうです。 楽しみながらアレンジをすることで脳の機能改善の効果が期待でき、完成したアレンジ自体からも様々な効能を得ることができるのは、素晴らしいことです。 また、フラワーアレンジメントは、コミュニティづくり、情操教育、精神障害のある方などの治療の一環としても役立っています。 沢山のメリットや可能性を秘めたフラワーアレンジメントを生活に取り入れることで、暮らしがより豊かになるのではないでしょうか。